田宮流居合術

田宮流居合術は、今からおよそ400年前に居合の祖とされる林崎甚助重信の直門である田宮平兵衛業正によって興され、「美の田宮」「位の田宮」とうたわれた流儀です。愛媛県西条市にて、無形文化財の指定を受けています。技の構成は、表之巻11本と虎乱之巻14本があります。
詳細は、総本部のページをご覧ください。
(本道場では、試し斬りは行いません。)

伊勢原市本部

遠藤先生の指導の下、田宮流居合術の稽古をしています。
少人数の本部だからこそ出来る、全員で基本を大事に細かい内容まで稽古しています。
居合に興味をお持ちの方がいましたら、ぜひご連絡ください。

稽古場所

※稽古ごとに会場が異なります。主に使用している稽古場所は、以下の3か所です。
  • 伊勢原市総合運動公園 剣道場
  • 伊勢原市立武道館 剣道場
  • 下小稲葉児童館

  • より大きな地図で 練習場所 を表示

    稽古予定

    連絡先

    居合に興味をお持ちの方、稽古を体験されたい方、ぜひご連絡ください。

    連絡先: isehara.tamiya@gmail.com

    ※稽古を見学される方は、事前にご連絡ください。

    元和会 リンク

    inserted by FC2 system